よくあるご質問

学費はいくらですか?

入学金及び学費につきましては、1,200,000円(税抜)頂戴しております。
期間は、6か月間です。(第7期2019年4~9月、第8期2019年10月~2020年3月を予定)
上記に教材費、技術指導料、制服貸出代など全て入っており、追加で発生する料金は基本ございません。
交通費や飲食のご負担は各自にお願いしております。

授業内に試験はありますか?

座学は教科毎に課題や試験がございます。
実技も、「仏式」「神式」「スーツ」全ての過程において、適宜試験がございます。

アルバイト・進路などについて、何かサポートやアドバイスなどありますか?

納棺士として就職先を探されるにあたり、主に2通りの選択を検討される方が多いかと思います。
①納棺湯灌専門会社
②葬儀会社
また、今までの職歴を活かしてフリーで働かれる方もいらっしゃいます。
ご年齢からか、現場の教育係として活躍される方もいらっしゃるようです。
そして当校の生徒さんへは、上記2社に属する企業様へのご紹介は行うことができますが、斡旋ではございません。
それは、双方の条件やご意向などがありますので、お約束はでき兼ねるものとなっております。

授業のコマ数はどのくらいですか?

座学がおよそ30コマ、実技が60コマ程度となります。
現場現役の講師陣ですので、スケジュール変更があることもございます。

どんな資格を取得できますか?

納棺士という仕事は、国家資格ではございません。しかし、当校のカリキュラムを修了し、卒業される際には、卒業証書と認定証を授与いたします。「おくりびと」という名称も弊社が商標登録させて頂いておりますので、一般の方はお使い頂けませんが、当校の卒業生には、一般社団法人資格として「おくりびとアカデミーで認定を受けた納棺士です」と名乗って頂くことができます。

認定資格を取得したら、転職に有利ですか?

認定資格を取得されたからといって、必ずしも就職活動に有意に働くものではありません。
納棺士コース(6か月)は、納棺士としての基礎~専門的な知識・技術を学習する場です。その認定資格は、現場現役の納棺士や葬儀に携わってきたエキスパートが実施する、経験と体得した知識・技術の講習を学習されたことを証明するためのものでもあります。
しかし、今まで根拠なく踏襲されてきたものを、日本で唯一の納棺士育成教育機関として学んだ経験値は、他者と一線を画するアドバンテージになることは確かかと存じます。

納棺士コース(6か月)の通信教育制度はありますか?

納棺士コース(6か月)は、現場現役の講師陣と教材などを使用して講義、実演習を行いますので、通信教育は行っていません。