講師紹介/特別講座一覧

  • 木村 光希

    納棺士

    木村 光希

    株式会社おくりびとアカデミー代表取締役

    幼少の頃より、納棺士である父の影響もあり、遊びの一環として納棺の作法を学ぶ。
    納棺・湯灌専門会社にて納棺士としての活動を始める。その後上京し、おもにアジア地域(韓国・中国・台湾・香港)で納棺技術の指導を行う。平成25年6月、人生の終末期をサポートする人材育成の必要性を感じ、株式会社おくりびとアカデミーを設立。代表取締役に就任。平成25年10月、納棺士の資格付けを行うための専門機関として、一般社団法人日本納棺士技能協会を設立。代表理事となる。平成25年12月、超高齢化社会に対応する組織作りへの取り組みが評価され、株式会社経済界主催「金の卵発掘プロジェクト2013」にて審査委員特別賞を受賞。介護・看護業界との連携を深め、豊かな終末期を迎えられる仕組み造りに精力的に取り組んでいる。

    木村 光希の特別講座

  • 高丸 慶

    看取師/エンディングコーチ

    高丸 慶

    株式会社ホスピタリティワン代表取締役/訪問看護支援協会代表理事

    担当特別講座コーディネーション

    東京都出身。
    慶応義塾大学看護医療学部卒業。看護師、保険師、ケアマネージャー、FP 免許取得。
    2006 年、日本看護連盟が看護師22万人に発行する会報誌(アンフィニ)の総代理店として起業。
    看護師向け国家試験対策本の執筆なども行う。その後、終末期医療サービス拡充の必要性を感じ、
    慶応義塾大学大学院健康マネジメント研究科医療マネジメント専修修士課程へ進学。
    2008 年社会人向けビジネスプランコンテスト「商人輩出プロジェクト2008」にて参加230組中最優秀賞受賞。優勝プランである余命3ヶ月の末期がん患者の看取りに特化した訪問看護ステーション株式会社ホスピタリティワンを開業。
    在宅ケア学会等にて看取りの訪問看護サービスについて登壇発表を行う。同時期に株式会社エスエムエス(東証1部上場)が運営する日本最大のケアマネージャー向けサイト「ケアマネドットコム」にてコラム執筆開始。日本看護協会出版会からも取材を受け、看取りの訪問看護サービスについて「コミュニティケア」に掲載される。
    2012 年夏、「JENISYS ベトナム若手看護師・介護士派遣団」団長としてベトナムへ派遣され、看取り、終末期サービスの拡充について、ベトナム政府に働きかける。
    同年、終末期教育に特化したエンディングコーチ協会を設立。2014 年、名称を訪問看護支援協会に変更し、現在に至る。

    高丸 慶の特別講座

    1. 介護保険と看取りの仕組み
      対象 一般/医療/FP/保険事業関係者
      概要

      上記エンディングコーチ養成講座の入門編です。人生の終末期を迎える方やご家族のサポートを行うために必要な知識を、基礎から学んでいただきます。高齢化社会を迎える今日の日本において、介護と看取りに関する事前の知識は、必須のものとなっているといっても過言ではありません。

  • 橋爪 謙一郎

    エンバーマー/グリーフカウンセラー

    橋爪 謙一郎

    株式会社ジーエスアイ代表取締役

    北海道出身。
    成城大学法学部卒業後、1991年ぴあ株式会社入社。葬祭業を営む父に勧められ、エンバーマー(遺体衛生 保全技師)になるために1994年に渡米。ピッツバーグ葬儀科学大学卒業後、フューネラルディレクター全米国家試験に合格。
後、ジョンFケネディ大学大学院にてグリーフケアに関する修士号、カリフォルニア州エンバーマーライセンスを取得し、2001年に帰国。
2004年、有限会社ジーエスアイを設立。現在は、エンバーミング事業、グリーフサポート事業として企業の人材教育や、コンサルティング、一般向けセミナーの提供、講演活動などを行っている。テレビドラマ化(テレビ東京系列)された、マンガ『死 化粧師』(三原ミツカズ著/祥伝社)のモデルでもある。アメリカでの葬祭業における実務経験と知識を持つ、グリーフサポートおよびエンバーミング普及の第一人者。著書に『エンバーマー』(祥伝社)、『お父さん、「葬式はいらない」って言わないで』(小学館新書)。
    株式会社ジーエスアイ代表取締役 カリフォルニア州エンバーマー(ライセンス EMB 8712)フューネラルディレクター(全米国家資格)日本トランスパーソナル学会常任理事

    橋爪 謙一郎の特別講座

    1. 「おくりびと」だからできるグリーフサポート
      対象 一般/医療/福祉関係者/葬祭関係者
      概要

      グリーフサポートは、葬儀後のアフターケアだと思っていらっしゃる方が大勢いますが、実は大切な人が亡くなった直後から、さらには余命宣告や死を覚悟したときから、ご遺族の悲しみは始まっているのです。
      大切な人の亡骸を目の前に、茫然とされているご遺族や、泣き崩れて何もお話が聞けないようなご遺族に接して、どう声をかけて良いかわからないと言った経験は、多くの方がされていることと思います。
      この講座では、ご遺体の処置や死化粧そのものがグリーフサポートになると言うだけでなく、ご遺族と接する中で、どの様なサポートができるのかということを学んでいただきます。
      大切な人が亡くなって間もない時のご遺族はどの様な状態なのか、その時ご遺族が望んでいるのはどんなことなのか。そして、ご遺族に接した時にそれをどう察知するか。ご遺体の状態を安定させ、故人の尊厳を守った上で、その時点だからこそできるご遺族サポートについてお話しします。
      既にグリーフサポートを実践されている、ご遺体の処置や死化粧に携わる方々や、エンバーマーの実例も示しながら、この講座を受講される皆さんにも、できることがたくさんあるという事を知っていただきたいと思います。グリーフの基礎知識も学べる、おすすめの講座です。

    2. 遺体衛生基礎講座
      対象 医療/福祉関係者/葬祭関係者
      概要

      ご遺族にとって故人の身体の状態は、心理的にも大きな影響を与えます。
      最近では長期間の入院治療や延命治療などにより、予測不能なご遺体の変化も多く見受けられます。ご遺族は、病院などの専門家の元を離れると同時に、様々なご遺体の変化に対応できない状況に置かれ、実はそのことに大きな不安を感じているのです。あなたは、そんなご遺族の心的な不安を取り除き、適切な対応をすることができていますか?
      この講座は、ご遺体の変化に対応するために必要な知識を学び、経験則だけに頼らずに、ご遺体の変化を予測して適切な処置を実行できるようにするための基礎講座です。
      ㈱ジーエスアイがこれまで企業研修として提供してきた本講座を、今回一般公開セミナーとして提供します。ご遺体のプロであるエンバーマーとしての経験と実績を持つ講師が、わかりやすく説明します。

      遺体処置手順フロー図
      遺体処置手順フロー図
    3. ペットロスに対するグリーフサポート
      対象 一般/動物医療/葬祭関係者/ペット事業者
      概要

      少子高齢化の時代背景もあり、ペットは家族の一員である、と考える方も増えてきていることでしょう。言い換えれば、愛するペットを亡くしたとき、大切な誰かを亡くしたときと同じように深い悲しみに襲われ、辛い思いをされている方が多くいると言うことでもあります。ペットは人間ではないからと言うことで、深い悲しみにある事をなかなか周囲の人が理解してくれない、おかしい人だと言われるなど、周りの理解を得られずに苦しんでいる方が数多くいらっしゃいます。この講座では、そうした方を支えるにはどうしたら良いのか、ペットを喪った気持ちを整理できない人に対してどう接したら良いのか、についてお話しします。葬祭関係者だけでなく、ペット産業の従事者の方、家族や友人にペットを飼っている方がいる、と言う方にも是非聞いていただきたい講座です。

  • 井手 敏郎

    喪失悲嘆ケア専門カウンセラー

    井手 敏郎

    一般社団法人 日本グリーフ専門士協会 代表理事/エリクソンヒプノシス・プラクティショナー

    幼少期の喪失体験をきっかけに、
    アメリカ・日本・ドイツなどの国内外で、
    死の哲学をはじめ、各種の心理療法、喪失悲嘆ケアを学ぶ。
    アドラー心理学を活かしたカウンセリング・コーチングスクールを卒業し、
    それらの手法を活かした悲嘆支援を行っている。
    20世紀最大の心理療法家とされるミルトン・エリクソン博士の息女、
    ロクサーナ・エリクソン・クライン博士に師事。
    依存症治療のエキスパートJAAI認定ヒプノシスプラクティショナーでもある。

    井手 敏郎の特別講座

    1. 哀しみを癒すための死生学
      対象 一般/医療/福祉関係者/葬祭関係者
      概要

      大切な方を「おくる」立場として何が必要かを学ぶことは大切です。
      同時に私たちは「おくられる」立場になることがあります。
      自らの死に直面したとき、人は何を感じ、何を思い、何を求めるのか。
      日本特有の風土から起きる「亡くなる人の5つの心理」を紐解きながら、
      援助者としての あり方や命の大切さを深く見つめ直します。
      いま話題のアドラー心理学を活かした対人援助や
      死の周辺におけるコミュニケーションで配慮すべき点、
      相手の価値観に深く寄り添うかかわり方がわかる講座です。

  • 武内 優宏

    法律事務所アルシエン共同代表/東京弁護士会所属

    武内 優宏

    東京都出身。
    早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業。
    2006 年、最高裁判所司法研修所 入所。
    2007 年、最高裁判所司法研修所 修了。(旧60期)
    2007 年、小笠原六川国際総合法律事務所入所。
    2011 年、同所を退所し、法律事務所アルシエン開設。
    大学時代に父親の経営していた会社が倒産し、債務整理を手伝う。その間の様々な訴訟や諸手続きなどの実体験を通じ、法律が人を助けられるものであるということを実感する。他方、当時目にした裁判官や弁護士陣の言動に対して、あくまで第三者的な立ち位置でしかなく、余り親身になってくれないのだというネガティブな印象も併せ持った。
    そうした自身の体験をもとに「依頼者と共に泣き笑いできる弁護士になろう」という決意を抱き、弁護士となる。
    2011 年の起業後は、社会的弱者の支援に燃える新進気鋭の弁護士として、遺言や遺産相続といった、誰しも通らなければならない社会的、法的問題に正面から取り組む。
    また、葬祭業界の実態や事情に精通していることから、業界内はもとより、相談者からの信頼も厚く、日本各地でセミナー講師として活躍中。飾らない気さくな人柄も好評を得ている。

    武内 優宏の特別講座

    1. 遺言・相続講座
      対象 一般/医療/福祉関係者/FP/保険事業関係者/葬祭関係者
      概要

      高齢者問題に積極的に取り組み、解決へと導いてきた新進気鋭の弁護士が、遺言・相続の必要性と手続き方法を具体的な事例を交えながら判りやすく解説します。人生のエンディングに関する知見や葬祭業界にも精通し、数多くのメディアにて高齢者の抱える諸問題の解決策を発信し続けています。「相続」が「争族」とならないために何が必要なのか、法的根拠を元に展開される講義は、ご高齢の方のみではなく、誰もが知っておくべき情報が満載です。

    2. 納棺士・エンバーマー関連法規講座
      対象 葬祭関係者
      概要

      遺体の死後処置や搬送、埋葬等にかかわる法令を、専門家の立場から判りやすく解説します。「おくりびとアカデミー」だからこそできる実践的な講座です。

  • 加藤 直美

    NLP 研究所プラクティショナー認定カウンセラー/GCC認定グリーフカウンセラー/おくりびとアカデミー認定納棺士

    加藤 直美

    茨城県出身。
    日本大学芸術学部音楽学科在学中より、歌手、司会者として全国的に活動。
    1990 年、企業研修講師としての活動を開始。トヨタカローラ店、DUO、食品メーカーなどで新入社員研修会、問題解決研修会、コミュニケーション研修会、店舗実践ロールプレイング研修会等を担当。
    1997 年、葬儀スタッフ向け研修会講師を始めると共に、司会を含む葬儀の現場サポートスタッフとしての活動を開始。葬儀スタッフ向け研修会、葬祭業者向け教育テキスト作成に関わる。
    2002 年、有限会社MCプロデュースに所属、葬儀全体のコーディネーターとして実践を重ねると共に、葬儀接遇インストラクターとして教育活動を開始。
    2005 年、綜合ユニコム(株)フューネラルビジネススクール『セレモニーアテンダント養成講座』担当講師。同社主催イベントにてセミナー講師を勤める。
    2008 年、GCC研究所にてグリーフカウンセラー資格を取得。グリーフサポートの視点を接遇スキルに応用した「接遇コミュニケーション」を研修会に取り入れる。
    2010 年、浄土真宗本願寺派中央仏教学院・通信教育部に在籍し、葬送儀礼の視点を接遇教育に取り入れる。
    2014 年、おくりびとアカデミー認定納棺士資格取得。納棺士の視点から葬儀接遇を捉え直し、講師として活躍中。
    その他、各地のJA 全農支部を含む全国の葬儀社を顧客とし、主に現場スタッフへの教育活動を精力的に行っている。

    加藤 直美の特別講座

    1. 葬祭マナー講座
      対象 葬祭関係者
      概要

      一般接遇を含むマナー講師として、数々の企業で実践的教育を行ってきた経験をもとに、特に葬祭業にかかわる人員が知っておくべき知識や作法を、ロールプレイングも交えながら判りやすく解説します。「現場で活きる」ことに主眼を置き、葬送儀礼の成り立ちや各儀礼の背景も学ぶことにより、画一的なサービスの提供にとどまらず、応用の利く考え方や、立ち居振る舞いを身に付けていただきます。

    2. 基礎から学ぶ「葬儀のいろは」
      対象 一般/医療/福祉関係者/FP/保険事業関係者/葬祭関係者
      概要

      一言で「葬儀」といっても、事前の準備や葬儀後のアフターフォローまでを考慮した場合、広範な知識が必要となります。
      いわゆる「終活」という言葉が一般化してきた現代において、事前準備や葬儀後の手続きの重要性は広く認知されるところとなっていますが、「具体的に」「何を」「いつ行うべきか」といった視点から、備えの重要性を判りやすく解説します。多くの方々に学んでいただきたい講座です。

  • 伊吹 晶夫

    オフィス ミライング代表取締役/株式会社おくりびとアカデミー エグゼクティブコンサルタント

    伊吹 晶夫

    千葉県出身。
    18歳で(株)三越入社。以来、定年まで日本橋三越本店でセールス一筋43年。31歳で初めて社員13,000人の売上トップに立ち、42歳以降は常にトップセールスを誇る。
    1993 年、最年少の45歳で紳士用品部エキスパート営業担当部長に就任。
    1999 年、日本橋三越本店が百貨店業界初の「お得意様サロン」を開設し、同サロンのコンシェルジュマイスターに就任する。
    2008 年に定年後も「お客様サロン」のチーフ・シニアコンシェルジュに就任する。
    日本の富裕層を顧客にかかえる三越の中でも、VIP中のVIP を担当。顧客700家族(3,000人)は皇室、歴代首相三人をはじめ、政財界、宗教界、芸能界、スポーツ界のトップの方々が名を連ねる。
    2010 年、(株)三越退職。
    2011 年、(株)エムアイカード(三越伊勢丹カード)入社。三越伊勢丹グループにて初となる、お得意様への葬儀サポートを含む「トータルライフアドバイザーサービス」の創設メンバーに加わる。併せて葬祭カウンセラー、終活カウンセラー等の協会資格を取得。
    2013 年11 月、定年退職。
    2013 年12 月、オフィス ミライング起業。エグゼクティブアドバイザー、葬祭・終活セミナー講師として全国区で活動中。著書に、『外商の真髄』(講談社)。

    伊吹 晶夫の特別講座

    1. 実践!接客術の極意
      対象 一般/医療/福祉関係者/FP/保険事業関係者/葬祭関係者
      概要

      自身が経験した「生の声」をもとに、接客の極意を伝授します。「セールスマンはモノを売るのではない。”セールスは浪漫”お客様に愛をお届けする仕事である。」という信念のもと、培われた真のホスピタリティをお伝えします。キーワードは“ プラスアルファの心遣い・気配りコミュニケーション・お客様の秘書になる” です。具体例を交えながら判りやすく解説します。

    2. 伊吹流 最強!富裕層マーケティング
      対象 一般/医療/福祉関係者/FP/保険事業関係者/葬祭関係者
      概要

      ”本物の富裕層”の本当の姿をお伝えします。長年にわたり「もう一人の家族」として、直接富裕層に接してきたからこそわかる真実を知ることにより、接客の基本やマーケット戦略の構築に役立つはずです。“富裕層ってどんな人”、“富裕層の価値観とライフスタイルへの理解”、“富裕層顧客との出会いとアプローチ方法”、“富裕層ビジネスにおける店舗の役割”、“富裕層の中でのオールドリッチの重要性”、“現在の経済環境下での富裕層の消費マインド”を中心にお話しします。

    3. 伊吹流 お葬式の心構えと考え方
      対象 一般/医療/福祉関係者/FP/保険事業関係者/葬祭関係者
      概要

      伝説の外商マンとして活動する傍ら、三越伊勢丹グループの葬祭カウンセラーとしても活躍した経験をもとに、「葬儀」を多角的に考察します。「最期のおもてなし」の場である葬儀をいかに執り行うか、またそのために必要となる準備を、実体験をもとに判りやすく解説します。

  • 宇城 ゆかり

    メイク講師/メイク教室『MAKE U STAR』代表

    宇城 ゆかり

    大阪ベルェベル美容専門学校卒業、7年百貨店美容部員として、メイク、化粧品、アイラッシュデザイナーとして活躍。約5000人に美容アドバイスを行う。実績を認められ、チーフに就任し店舗と人材のマネジメントに携わる。お客様の喜びと、部下の喜びが、自分の喜びであり、同じ美容業界を目指す新しい世代に教育的立場から導いて行きたいと強く思うようになり独立し美容専門学校のメイク講師になる。美容専門学校や企業だけでなく、一般のかたが気軽に通えるように。『自分だけの魅力に気がつき、自身を知り自信をもつ。』
    メイクスクール『MAKE U★』開講。

    宇城 ゆかりの特別講座